株式会社疲労科学研究所TOP

特許取得に関するお知らせ(2019.05.30)

○取得特許一覧

特許番号 発明の名称 特許権者 発明者 登録日
4961579 近赤外分光を用いた慢性疲労症候群(CFS)診断法および装置 株式会社疲労科学研究所
国立大学法人大阪大学
倉恒弘彦
作道章一
2012/4/6
5047962 近赤外光を用いたガン、全身性エリテマトーデス(SLE)又は抗リン脂質抗体症候群に関する検査・診断装置の作動方法 株式会社疲労科学研究所
国立大学法人大阪大学
作道章一 2012/7/27
5455071 自律神経機能年齢の判定システム及び判定方法 株式会社疲労科学研究所 小泉淳一 2014/1/17
5491749 疲労度の判定処理システム 株式会社疲労科学研究所 倉恒弘彦
田島世貴
小泉淳一
西沢良記
渡辺恭良
片岡洋祐
2014/3/7
6126220 生体状態推定装置 株式会社村田製作所
株式会社疲労科学研究所
志牟田亨
倉恒弘彦
渡辺恭良
2017/4/14
6158324 血管異常検知装置 株式会社村田製作所
株式会社疲労科学研究所
志牟田亨
倉恒弘彦
渡辺恭良
2017/6/16
6501947 自律神経評価装置、自律神経評価方法、プログラム 株式会社疲労科学研究所 倉恒弘彦
小泉淳一
2019/3/29

 

○株式会社疲労科学研究所は、平成29年6月16日付で日本における特許「血管異常検知装置」(特許第6158324号)を取得いたしました。

特許証 特許証

○株式会社疲労科学研究所は、平成29年4月14日付で日本における特許「生体状態推定装置」(特許第6126220号)を取得いたしました。

特許証

○株式会社疲労科学研究所は、平成26年3月7日付で日本における特許「疲労度の判定処理システム」(特許第5491749号)を取得いたしました。

特許証 特許証

○株式会社疲労科学研究所は、平成26年1月17日付で日本における特許「自律神経機能年齢の判定システム及び判定方法」(特許第5455071号)を取得いたしました。

特許証

○株式会社疲労科学研究所は、平成24年4月6日付で日本における特許「近赤外分光を用いた慢性疲労症候群(CFS)診断法および装置」(特許第4961579号)を取得しました。

特許証

○この発明は、2012年7月31日付でアメリカ合衆国の特許としても認められています(US patent No:US8,233,960 B2)。

アメリカ特許

○平成24年8月16日 : 株式会社疲労科学研究所は、平成24年7月27日付で日本における特許「近赤外分光を用いたガン、全身性エリテマトーデス(SLE)又は抗リン脂質抗体症候群に関する検査・診断装置の作動方法」(特許第5047962号)を取得しました。

特許証

上記発明に関しては、朝日新聞 3面(総合) 2006年(平成18年)5月14日付で大きく取り上げられています。

新聞記事

画像をクリックをすると記事の詳細が確認ご覧になれます。